デリヘル利用後、警察からの着信アリ。

デリヘルを利用して警察から着信があり事情聴取の依頼を受けた事があるという話を何度か聞いた事があります。どうやら未成年が年齢を偽ってデリ嬢として働いており、その子とプレイをしてしまったそうです。今時の未成年は大人びていて18歳を超えているのかおいないのか外見から判断する事はかなり難しいでしょう。

警察に通報されてしまう


実際に18歳未満とプレイしてしまったら、売春法違反となり罰せられますが、過失がない時に限り刑を免れる事が出来るので、デリヘルというお店が管理しているサービスを利用しただけなので、過失はない可能性が高いです。利用した方はまさか未成年が働いているとは思いませんよね。しかし不要なトラブルは避けたいものです。デリ嬢の年齢確認など管理がしっかりしているお店を選択しましょう。

お店が詐欺行為でお金をボッタクる場合もある。


更に注意が必要なのは、お店ぐるみで詐欺まがいの事をしてくる所です。警察と偽り電話、弁護士と偽り示談交渉などの連絡があったりする場合もあるそうです。その様な電話があったら、着信の番号を調べるくらいの事は行って下さい。特に若い大学生などは狙われやすいのも特徴です。

特に地方のひっそりとやっている様なお店には注意が必要です。有名店や人気店で大々的に広告を載せているお店を選んだ方が安全に遊べます。