ソープの注意点と売春の歴史

ソープランドの豆知識について少しご紹介しましょう。日本の風俗店の歴史的な流れを見ると、遊郭と言うところから始まります。江戸時代の日本の風俗店は吉原に代表されます。
しかし、全国的に見ると比較的東京から近い場所で言えば川崎をはじめとして、様々な場所にありました。これらは、大名の参勤交代時、そこの地域の宿に足を止めるために娯楽を提供するという目的で遊郭を設置したのです。
さて、ソープランドの豆知識ですが、この遊郭の跡地に出来た場所も少なくありません。やはり、水商売や風俗店の地域というのは治安を管理すると言う目的でも、一か所にまとめて設置してしまう方が効率も良かったのです。飲み屋街と呼ばれる場所や風俗街と呼ばれる地域は、非常に狭いエリアに集約されるということです。
ソープランドの豆知識ですが、歴史とその関係性という面について追いかけてみましょう。元々、トルコ風呂という名前で愛されていました。昭和33年に赤線を廃止する目的で売春防止法が施行されて以降、全国的にトルコ風呂は広がっていきました。サウナのような浴場施設に女性のマッサージサービスを付加したものが始まりのようで、次第に性的なサービスがメインになっていきます。 
「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」これがソープランドを規定する法律です。「店舗型性風俗特殊営業」のうち「浴場業としての施設として個室を設け、当該個室において異性の客に接触する役務を提供する営業」と定義されています。
一般的な疑問として、「売春規制法に抵触するのでは」このような点が挙げられます。しかし、ここがソープランドのポイントなのですが、店は浴場として営業しており入浴する客に対して、女性従業員を介助役としてつけているだけだということです。
「浴場内で女性従業員が、客と同意の上で性的な行為をおこなっているだけで店側としてはそれらのことについては関与していません。」というスタンスです。もちろん、表面上の規定です。罰則規定のある管理売春には当たらないという訳です。
また、ここがソープランドの豆知識とも言えますが、売春防止法に引っ掛からないもう1つの理由があります。売春防止法では、個人の行う単純売春に対する罰則がポイントとなっています。そのため、客と女性従業員というラインは非常に曖昧な部分です。これを摘発することはできないということもあり、警察から摘発を受けることがないのです。

風俗好きな大学生の日記トップ